中級者向けピンバイスを使ったガンプラのカスタマイズ方法をご紹介!

中級者向けピンバイスを使ったガンプラカスタマイズ方法をご紹介! ガンプラ
※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。
Amazon
いさきち
いさきち

僕も素組みからだいぶ慣れてきたし、そろそろ改造をしてみたいんだよね~

カイちゃん
カイちゃん

改造ね~
どこをカスタマイズしていくの?

いさきち
いさきち

これがちょっと難しいんだけど、グフのモノアイをクリアパーツを埋め込んでキラキラにしたいんだ

カイちゃん
カイちゃん

パーツの埋め込みだとペタっと貼るより大変だね
まずは穴あけしなくちゃいけないけど、何で開ければいいんだろう?

ガンプラのカスタマイズに必要な道具としてピンバイスがあります。

あなたはピンバイス…知っていますか?

普段の生活の中で使う機会はあまりない道具なので見たことない方もいるかもしれませんね。
このピンバイスという道具はガンプラカスタマイズするうえで大変便利なものなんです。

いや!むしろ絶対的に必要!!

といってもいいほど、最初に購入してほしい道具であります。
ピンバイスを持っていることでカスタマイズの幅がとても広くなりますよ。
今回はそんなピンバイスの特徴や使い方やカスタマイズのやり方をお伝えします。

ガンプラカスタマイズでピンバイスを使ってみよう!

ガンプラカスタマイズでピンバイスを使ってみよう!

それでは早速ピンバイスを使ってみましょう…

と言いたいところですが、そもそもピンバイスってどんな使い方をしてどんなことが
できるのでしょう?
ひとつずつ解説していきますね。

ピンバイスとは一体何なのか?

タイトルから【ピンバイス】と言っていますが一体どんな道具なんでしょうか?

ピンバイスとは、基本的にはドリルと組み合わせて使う穴あけ工具です。
ドリルというと電動ドリルのようなイメージが思い浮かぶかもしれませんが、
サイズが1㎜以下の細いドリルを電動ドリルで使って折れたら大変危険ですよね。
しかもかなり慎重に使わないとまともに穴も開けられません。

プラモデルで主に使うサイズは0.1㎜から3㎜の細いものがメインとなります。
このように繊細な穴あけをするのに便利な道具がピンバイスなんですね。

“いさきち”はゴッドハンドのショートパワーピンバイスディープコレットタイプをメインで
使っています。
このピンバイスにはディープコレットというドリル刃が短くなる構造になっていて、
通常のピンバイスより穴あけの狙いがつけやすくなっています。

ガンプラは細かい作業の連続ですので、こういうちょっとした違いでもだいぶ作業しやすく
なりますよ。


ピンバイスの選び方と使い方

ピンバイスはプラモデルだけで使う道具ではないので、たくさんのメーカーでいろんな商品が
発売されています。

とはいえ使い方をみるとどの商品もほぼ同じです。
ただプラモデル専用で販売されている商品はその繊細な作業に合わせてカスタムされ、
使いやすくなっているので“いさきち”は専用品をおすすめします。

またピンバイスはドリルを装着するためにそのサイズに合わせて調整できるようになっているの
ですが、ここを調整することでドリル刃だけでなく真鍮線やプラ棒でもかませることができる
のです。
たとえば3㎜軸の付いたパーツをピンバイスにくわえさせて固定するなど、アイデア次第では
いろんな使い方もできますよ。

ドリルビット

ゴッドハンド
ドリルビット

・Aセット:0.5/0.6/0.7/0.8/0.9㎜
・Bセット:1.0/1.5/2.0/2.5/3.0㎜
・Cセット: 1.1/1.2/1.3/1.4/1.6/1.7/1.8/1.9㎜

ドリル刃ですが、“いさきち”はこのドリルビットを使っています。

最初はホームセンターで買った鉄工用ドリルセットを使っていたのですが、
鉄工用はプラスチックと相性が悪いように感じました。
理由として思うように掘り進めないんですね…
回しても回しても穴がなかなか開かないようなことがけっこうありました。

これは鉄工用とプラモデル用ではドリル刃の角度やピッチ(刃の間隔)が違うようで、
プラモデル用のドリルビットは独自のカスタムがしてあるため、ピンバイスを回す回数が
少なくてもグイグイ掘っていけます。

この違いはおどろきものでしたのでぜひ体験してみてください。
ガンプラカスタマイズにはプラモデル専用のドリルが絶対おすすめです!

ピンバイスを使ったガンプラカスタマイズのメリット

ピンバイスを使うメリットは何といってもきれいな穴が開けられること。
そのための道具であるので当たり前ではありますが、正確なサイズで開けられることで
その穴にパーツを仕込んだりできるわけです。
きれいで同じサイズの穴が開けられるのですから、そのままディテールにすることも可能。

このようにピンバイスでできることはたくさんあり、使い道の多い道具であるといえます。


ガンプラカスタマイズでリアルに仕上げる4つの方法

ガンプラカスタマイズでリアルに仕上げる4つの方法
いさきち
いさきち

ピンバイスのことも分かったし、さっそく使ってみようかな~

カイちゃん
カイちゃん

使うのはいいけど、ガンプラのどこにどう使うのか知ってるの?

いさきち
いさきち

そうだな…

そこ聞いとかないとできないか…

ということなので、ガンプラをカスタマイズするうえで効果的なピンバイスの使い方を
お伝えしますね。

穴を開けてみよう

ピンバイスの基本的な使い道として穴を開けることがあります。
穴を開けるといってもむやみやたらに開けるのではなく、キットのディテールの中で
ここには穴が開いているであろうと思う場所を見つけてみましょう。

たとえばケンプファーのバックパックにある7つの穴、いわゆる【ブチ穴】と言われる
ディテール。

ケンプファーブチ穴

ケンプファーは強襲用MSということもあり、
放熱と軽量化を兼ねた開口だそうですよ。

これを塗装での黒塗りつぶしでもいいのですが、実際に穴あけすることでリアルに
仕上がるんですね。

凹ディテールを追加してみよう

続きまして凹ディテールの強調のためにピンバイスで深めに彫ってみましょう。

100㎜MG

陸戦ガンダム100㎜マシンガンの
銃身カバーの放熱穴も貫通させて
穴を開けるよりは深めに彫って
奥が見えない方がリアルっぽいですね。

こういうところを軽くピンバイスで掘って深くするとグッと引き締まりますよ。

スリット入りプラ板をダクト内に貼ってみよう

次に紹介するカスタマイズはピンバイスの応用になるのですが、こんな方法もあるよという
加工方法です。
このような少し大きめなダクトディテールがありますよね。
この四角いダクトの中をピンバイスで数回穴を開けて大きく開けることができます。


開けた穴をきれいにしたら裏面から
スリット入りプラ板をあてると
スリット入りダクトのできあがり。

詳しくはカスタマイズ方法でご説明しますね。

レンズパーツに変えてみよう

レンズパーツへの変更はモノアイやスコープレンズでよく使うディテールアップ方法です。
“いさきち”はwaveのHアイズをよく使いますね。
このレンズパーツをはめ込むのにピンバイスで必要な深さに掘ってパーツを入れます。

掘り込む穴のサイズはレンズパーツより少し大きいドリル(たとえば2.0㎜なら2.1㎜)で加工して、
深さはスコープであればレンズが本体より飛び出さないくらいに調整するとgoodです。
レンズ面って傷つかないように枠の内側に入っているものですからね。

ピンバイスを使った具体的なガンプラカスタマイズ方法

ピンバイスを使った具体的なガンプラカスタマイズ方法
いさきち
いさきち

ピンバイスってドリルで穴を開けるだけの道具だと思ってたけど、やり方はいろいろあるみたいだね

カイちゃん
カイちゃん

最近ではピンバイスにセットして使えるアタッチメントもあるみたいだよ

いさきち
いさきち

そうなの?

じゃあいろいろ調べてみよう

ドリルを使った大きな穴の開け方

基本中の基本はピンバイスで使えるドリル0.1㎜から3㎜ほどの穴あけですが、
大きなカスタマイズをしていくともっと大きな○穴や□穴を開ける必要が出てきます。
そんなときに使える穴あけ方法をご紹介します。

タコザクダクト

例としてこのような□をごっそりと開口(穴あけ)してみましょう

タコザクダクト2

最初に□の周りにそって複数の穴を開けていきます。今回は使用ドリルを1㎜にして間隔1㎜くらいで開けています。

タコザクダクト3

□をグルっと一周開けたらその穴と穴をニッパーで切り取っていきます。

タコザクダクト4

残ったギザギザになった所をデザインナイフやヤスリで整えればきれいな穴の完成です。

スピンブレードを使った凹ディテールアップ

ゴッドハンド
スピンブレード
サイズ:1.0/1.5/2.0/2.5/3.0㎜
    (単品0.5/1.1/1.6/2.1㎜)
価格【公式通販】:2,750円(税込)
   0.5㎜:1100円(税込)
   1.1/1.6/2.1㎜:770円(税込)

“いさきち”はこの道具に出会って衝撃を受けました。

それまではドリルで加工すると刃先の形状からすり鉢のように底が凹んだ形となり、埋め込むパーツが安定しないことがありました。
それがこのスピンブレードをドリルした後にピンバイスにセットし、彫った穴の中でクルクル回すと
底が平らになるんです。

この平らになるのが重要で、先ほどご紹介したHアイズをセットする場面でとても安定した
接着ができるんですね。
つまり安定したパーツセットとしっかり接着をすることができるようになるのです。

元の凹ディテールを彫りなおそう

スピンブレードの使い方としてもうひとつご紹介します。
このような凹ディテールがよくありますよね。

こちらの例ではザクマシンガンにある凹ディテールです。
よくあるタイプの凹。

ここに同じ径のスピンブレードで凹ディテールを彫ります。

彫るときの注意点ですが、ガンプラを作るとき全体でいえることですが

《力を入れない過ぎない》

ということです。

小さな加工にフルパワーは必要ないですよね。
ちょっと押し付けるくらいの力で十分ですので、ゆっくり優しく彫っていくときれいに仕上がります。

ドリルで彫ったら穴に見えるけど、スピンブレードならシャープな凹ディテールに見えるように
なりますからね。

ピンバイスを使ったガンプラカスタマイズのまとめ

まとめ

ピンバイスってなんと幅広い使い方のできる道具なんだと思いませんでしたか?
今回はどんな道具?から応用した使い方までご紹介しました。

まとめ
  • ピンバイスとは手回しで使う0.1㎜から3㎜程度の穴を開ける道具
  • ピンバイスを使うメリットは正確できれいな穴を開けられること
  • 正確な穴あけでディテールアップパーツをきれいにセットできる
  • 穴あけを連続してさらに大きな穴あけもできる
  • 凹ディテールアップにはスピンブレードを使ってきれいに仕上げられる

カスタマイズを始める第一歩はピンバイスを手に入れて使ってみることです。

正確な穴あけをマスターすると部品を埋め込んだり、
差し込んだりといろんな使い方を見つけることができますよ。

あちこち穴をあけてオリジナルカスタムを楽しみましょう!

Let’s enjoy Gunpla more!

PVアクセスランキング にほんブログ村

ガンプラは作ることに醍醐味がありますが、さまざまな理由で作ることができない
という方もいらっしゃいます。

でもガンプラはカッコよくて好き!!
飾って眺めながらお酒を飲みたいよ!!

そんなご要望にお応えしたくてガンプラ制作代行を始めました。
お任せ制作からご希望のオリジナルガンプラまで可能な限りご対応させていただきます。
お気軽にお問合せください。

ガンプラ素組みからオリジナルまで制作代行を承ります ガンプラ作成が苦手でもカッコいいガンプラをお手元に!

“いさきち”が作成した完成品をたまにヤフオク出品しているときがありますよ~
良かったらのぞいてみてくださいね。

Yahoo! JAPAN ID:haniwa552002