ガンプラディテールアップに使える100均アイテムは?【中級者編】

ガンプラディテールアップに使える100均アイテムは?【中級者編】 ガンプラ
※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。
Amazon

ガンプラのディテールアップを始めるならまずは
100均アイテムからスタートするのがおススメです。

初チャレンジしてみようと思ったとき、いきなり高価なパーツを使うのは
ちょっとビビりますよね。

失敗して使えなくなったら嫌だし、お財布もちょっと痛いし…

それにガンプラを改造するパーツって数をそろえると意外とお高くついちゃうんですよね。

そんなときでも100均でお手軽に買えれば失敗してもダメージ少ないし、
たくさん作れるので経験値も上昇してしまうのです。

今回はそろそろディテールアップ始めようとしているあなたに100均で手に入るアイテムや、
その使い方やガンプラを作るのに便利なアイテムをお伝えします。

100均で揃えられるガンプラディテールアップアイテム

100均で揃えられるガンプラディテールアップアイテム
いさきち
いさきち

ガンプラをディテールアップしてみたいけど、初めてだし失敗するかもなぁ…

カイちゃん
カイちゃん

そうだよね~
とりあえず練習していかなきゃ

いさきち
いさきち

そうそう!
でさ、見つけたんだよ
100均ででもディテールアップに使えそうなアイテムをね!

そうなんです!

100均にはたくさんのアイテムがありますが、よくよく探すとガンプラディテールアップに
使えそうな物がザクザクで…
そんな中で“いさきち”も使っている100均アイテムをご紹介します。

ラピーテープ

ラピーテープ

このラピーテープは色の付いたキラキラテープで、100均には6色セットの物がありました。

ガンダムやジム系の額のカメラ部分

イフリート改やガンダムMk-Ⅲなどの胸部センサー

ビームライフルなどのサイトセンサー部分

キラキラ…いいじゃないですか~

ガンプラのセンサーやカメラは機体によって色が違うこともあるので、
いろいろ揃っているとうれしいですよね!
キラキラセンサーの作り方は次の項目でご紹介します。

充電ケーブル

充電ケーブル

100均には数多くの充電ケーブルがありますよね。
・素材
・太さ
・色
ほんといろいろあります。

モビルスーツもメカですから動力ケーブルが外に出ている機体もあります。

ガンプラではケーブル部分をディテールとして成形されているので、
サイズの近いケーブルで表現するとリアルでカッコいいですよ!

レジン液・UVライト

クリアレジン・UVライト

最近の100均ではアクセサリーを作るためのレジン液とUVライトが売ってますよね。
このレジンがガンプラディテールアップに使えます。

100均レジン液はクリアと半透明なものがあるのですが、
クリアレジンはレンズ部品の作成に使えますね。

半透明なものはシリコンの型に入れてパーツを作ることが多いです。
ところが売っている型は大きめな♡や○□のアクセサリー用のものが多く、
ガンプラにはちょっと使いづらいところがあります。

お湯でやわらかくなるねんど

お湯で柔らかくなるねんど

シリコンの型がアクセサリー用が多くて使いづらいとお伝えしましたが、
それを解決できるのがこのグッズです。

お湯で温めると型取りができる商品で、うまく使うとガンプラで使う
自作パーツやコピーパーツを作ることができます。

100均アイテムでガンプラディテールアップをする方法

100均アイテムでガンプラディテールアップをする方法
いさきち
いさきち

探してみると100均にもいろいろあるんだね

カイちゃん
カイちゃん

ディテールアップを考えて見ているとお店に何時間でもいれちゃう!

いさきち
いさきち

ほんとそうだね~

じゃ、いっぱい買ってきたから早速始めよう!

それでは先ほどご紹介した100均グッズを使ってディテールアップをしてみますよ。

それぞれ“いさきち”がやってる方法をお見せしますね。

ラピーテープでカメラをキラキラに

ネモヘッド

例はネモさん

後頭部カメラに貼ってみますね。
まずは型取りから。

ネモヘッド型取り

カメラ上からマスキングテープを貼ります。
マスキングテープをカメラに合わせてつま楊枝の先などでしっかり形をなぞりますよ。

ネモヘッドマジック書き

形をなぞったところをペン先の細い油性ペンを使って形を写し取ります。
このあとペンの外枠に沿って切り出します。

マスキングテープ&ラピー

切り取った型をラピーテープに貼ったら型に沿って切り出します。

ラピー微調整

実際にカメラ部分に合わせて微調整します。
少しづつ切っていきましょうね。

切り出すときはナイフを引いて切ると思わぬ方向へズレてしまうことが多いです。
切る距離も少ないので押し切りするとズレなくていいですよ。

このような細かい作業には先の細いピンセットがとても役に立ちます。
“いさきち”が愛用のデュモン 精密作業向け ピンセットNo.5
先端が0.1㎜の極細で、非磁性(磁石がくっつかない)

例えばHGサイズのガンプラは貼るシール類もかなり小さくなるので、通常のピンセットではつまみ取るのも大変なくらいで苦労します。
このピンセットだと極細でありながら精密な先端で簡単につまめます。
ほそ~いホコリの1本でさえつまめる精度ですよ!

少し高価なことや、先端が非常にとがっているのでケガに注意することや落とすと
簡単に曲がる…といったこともありますが、大切に使えば一生ものです。

ピンセット dumont

充電ケーブルでエネルギーケーブルをつくる

充電ケーブル配線取り出し

充電ケーブルを必要な長さに切り出して中の配線を抜き取ります。

コードにアルミ線

ケーブル内にアルミ線やハンダ線を入れると画像にように曲げてもしっかり固定されて形がくずれずいいですよ。

プロトスタークジェガンケーブル

こちらは過去作のプロトスタークジェガンさん設定画にあったケーブルを追加しました。

クリアレジンでレンズをつくる

クリアレジンレンズ

このようなレンズ状のパーツをクリアレジンで作ります。

コトブキヤ丸モールドⅡ

レンズは簡単!

たとえばコトブキヤの丸モールドⅡ3.5サイズの中に丸く切り取ったピンクラピーを貼ったものを用意。

丸モールドⅡにレジン盛

丸モールドの内側に気泡が入らないようゆっくり、静かにレジン液を流し込みます。
ボトルから直接やらずにヘラなどにすくってやるときれいにできますよ。

レジンレンズにUV照射

溢れないように盛ると、レジンの表面張力で勝手にレンズ形状になります。
これをUVライトで数秒照射すれば完成です。

少し盛ったくらいが丁度よいレンズ形状になっていますね。
下地のラピーのおかげでピンクレンズのように見えます。

コトブキヤのM.S.G.プラユニットの記事はこちらで紹介していますよ。

ガンプラディテールアップ以外で“いさきち”が使うお役立ち100均商品

ガンプラディテールアップ以外で“いさきち”が使うお役立ち100均商品
いさきち
いさきち

100均でいろいろ見てきて、ディテールアップパーツじゃなけど使えそうなの見つけた!

カイちゃん
カイちゃん

ガンプラ制作するのには制作道具が必要だけど、100均でも十分そろえることができるよ

ご存じのように100均にはたくさんのグッズが売られていますね。
“いさきち”がガンプラを作っていく中で、

これは使える!

と思ったグッズがありますので、プラモ制作独自の使い方をふくめてご紹介します。

ステンレストレー・プラトレー

100均にはたくさんのトレーがありますが、特にこの2種類のトレーは大活躍しています。

  • ステンレストレイ

部品や工具を整理するために使っていますが、ほかにこんなことにも使っています。

エアブラシトレイ

エアブラシ置き場にステンレストレイですね。
エアブラシホルダーの底がマグネットになっていてステンレストレイなら固定できるので便利。

“いさきち”のサブエアブラシは廃盤になってしまったクレオス製PS171をまだ使ってます。
メタリックやサフ専用でまだまだ現役なんですよ。

  • プラトレイ

プラトレイはさまざまなサイズが売っていますが、“いさきち”がよく使っているのは10~15㎝ほどのトレイです。
HGを作ることが多いのでパーツ点数があまり多くないこと、作業スペースも広くないことを考えた結果、このサイズが扱いやすかったのです。

深さも深すぎるとパーツが取りづらいので、わりと浅めのものが好みですね。

ウェーブペンホルダー

ウェーブペン立て

ウェーブペンホルダーはペンを立たせて収納できるホルダーなのですが、
素材がシリコンなので多少大きなものでも収納できます。
そのためペン以外も立てておけるのでとても便利に使えるんですね。

“いさきち”は2つ持っていて、ひとつはスジ彫りに使うBMCタガネを専用ホルダーごと
差し込んであります。
ちなみにサイズ順の並びにして探すのを簡単にしています。

もうひとつはスジ彫りなどに使うニードルをキャップごとセットしたり、L字スケールや
瞬間接着剤を立たせておいたりといろんな使い方をしています。

ケースやトレーに入れちゃうより探しやすくて取り出しやすい使い勝手がいいグッズですね。

水筆

水筆

この水筆なんですが、当時のTwitter(現X)で流れてきた情報で知ったんです。

何に使うと思います?

中に入れるのはなんとデカールを貼るときに使う
デカールのり
(“いさきち”はクレオスのマークセッター)
なんですよ。

“いさきち”驚きました。
「そんな使い方があるのか!」と…
実際マークセッターは瓶についてる筆で塗るのですが、瓶に入れたり出したりが結構めんどう…

それが水筆に入れるだけでOK!
筆先が少し固まってしまっても、本体を押せば簡単に元通り使えるようになる。

加えてマークセッターは少し放っておくと成分が分離してしまう…
(リニューアルで改善されたようです)
この場合も瓶だったらキャップを閉めてから振って混ぜるのですが、
水筆ならキャップなしでも筆を振れば簡単に混ざり使えるようになります。

この使い方を考えた人は天才!って思ってしまいました。

激落ちくんプレミアム+指ぬらし(事務用スポンジ)

激落ちくんプレミアム&指濡らし

こちらもXで発見して採用しました。

何に使うかといいますと、水研ぎ用のサンドペーパー濡らし&汚れ取りです。

  • 指濡らしに付いてるスポンジを高耐久タイプの激落ちくんプレミアムに入れ替えて
    水に濡らしておきます。
  • パーツをヤスる前にサンドペーパーを指濡らしにつけて水をつけます。
  • パーツをヤスります。(水研ぎ)
  • ペーパー表面に削りカスがついたら、指濡らしスポンジできれいにしつつ水に濡らします。
  • これを繰り返していきます。

よくペーパーを水につけてヤスリがけするのですが、準備がめんどうだし手も濡れるので
好きじゃなかったんですよね。

それがこのグッズですべて解決!
ペーパーをきれいにしつつ水でビチャビチャにならない丁度いい状態に濡らせるので
一石二鳥のgoodアイデアだと思いますね。

ガンプラディテールアップに使える100均アイテムは?のまとめ

ガンプラディテールアップに使える100均アイテムは?のまとめ

今回は100均で揃えられるガンプラディテールアップグッズやその使い方、
ガンプラ制作をするときに便利に使える100均グッズをご紹介しました。
こんな使い方も?
というものもあったのではないでしょうか?

まとめ

  • 100均グッズはディテールアップに使えそうなものが相当ある
  • アイデア次第でいろいろなパーツを狙える
  • 100均グッズでも社外ディテールアップパーツと同じような使い方をすれば作れる
  • アイデア次第でガンプラ制作に役立つアイテムもいろいろ見つけられる
  • 100均はガンプラモデラー天国です

100均は日々グッズが増えていて、来店するたびに新たな発見があって楽しいですよね。
ガンプラのディテールアップに使えそうな物を探していると時間があっという間に
過ぎていきます。
充電ケーブルのように部品の一部を使うこともあるので、いろいろ想像しながら見るのも
いいのではないでしょうか。

Let’s enjoy Gunpla more!

PVアクセスランキング にほんブログ村

ガンプラは作ることに醍醐味がありますが、さまざまな理由で作ることができない
という方もいらっしゃいます。

でもガンプラはカッコよくて好き!!
飾って眺めながらお酒を飲みたいよ!!

そんなご要望にお応えしたくてガンプラ制作代行を始めました。
お任せ制作からご希望のオリジナルガンプラまで可能な限りご対応させていただきます。
お気軽にお問合せください。

ガンプラ素組みからオリジナルまで制作代行を承ります ガンプラ作成が苦手でもカッコいいガンプラをお手元に!

“いさきち”が作成した完成品をたまにヤフオク出品しているときがありますよ~
良かったらのぞいてみてくださいね。

Yahoo! JAPAN ID:haniwa552002