【中級者向け】ガンプラエアブラシ塗装で便利な道具と時短塗装のコツ

当サイトでは記事内に広告を掲載しています。 ガンプラ 道具使い方

【中級者向け】ガンプラエアブラシ塗装で便利な道具と時短塗装のコツ

ガンプラ塗装の醍醐味であるエアブラシ塗装。
筆塗りよりも美しい仕上がりを実現できますが、道具やテクニックをマスターするには時間がかかります。
ですが、実際に塗装しなくては思うような塗装をすることはできませんよね。

そんなあなたに、この記事では中級者向けのエアブラシ塗装で便利な道具と時短塗装のコツに加え、 さらにワンランクアップのヒントと道具を解説します。

エアブラシを使えるようになれば、塗装の楽しさが倍増すること間違いなしですよ!

中級者がエアブラシ塗装をするための環境を整える

中級者がエアブラシ塗装をするための環境を整える
いさきち
いさきち

少しずつカスタマイズもできるようになったし、筆塗りで部分塗装もできるようになったよ!
今度はエアブラシを使った塗装がしてみたいなぁ~

カイちゃん
カイちゃん

だったら、何が必要になってくるんだろうね

筆塗り塗装とは違い、エアブラシ塗装をするときは塗料の飛散や臭いが多く発生するため、できるだけ環境を整えるのが良いですね。

塗装ブース

塗装ブースのイラスト

簡易塗装ブース

  • 手軽に設置できる組み立て式
  • コンパクトで収納しやすい
  • 価格も財布に優しい
  • 段ボールなどで自作も可能

代表的なものではGSIクレオスのMr.簡易塗装ブースですね。
小ぶりなサイズで簡単に設置できるので、手軽に塗装を楽しめます。
段ボール製なので価格も安く、ファンを追加すればグレードアップも可能。
溶剤臭を抑えることは難しいですが、何もないところでエアブラシ塗装をするよりは塗料の吹き返しもなく、快適に作業できそうですね。

“いさきち”は自作で段ボールブースを作り塗装していましたが、作る手間とこの価格を考えれば選択肢のひとつに入るのではないでしょうか?

Amazonプライムがお得

新規入会は30日間無料!
便利な道具をお得にGETできるチャンス

ファン付き塗装ブース

  • ファンで塗料のミストを抑える
  • より細かい塗料粒子もキャッチできて、臭いにも対応できる
  • フィルター交換が必要

シロッコファンやプロペラ状のファンが付くことで、吹き返しと臭いを大きく防ぐことができます。GSIクレオスのMr.スーパーブース コンパクトや、エアテックスのレッドサイクロンLなど、多くのメーカーから発売されていることから、塗装ブースのメインタイプなんでしょうね。
価格はちょっと張りますが、ファンの有り無しは大きな差となります。

いさきちのレッドサイクロン

“いさきち”は旧モデルのレッドサイクロンを使ったことがありますが、自作段ボールブースからのステップアップは効果的で、しっかりミストを吸ってくれますし、臭いもかなり抑えてくれていたようです。
家族からの苦情も減りましたから…
旧モデルはLEDライトがなかったのですが、自前で準備して問題なかったのです。
それよりも排気ダクトの取り付け位置に問題があるのか、ダクトの取り回しと、ブースの置き場に苦労したことを覚えています。

特殊な塗装ブース

  • 吸引力が強力
  • 構造が単純で、メンテが楽
  • 塗料の粉末が多く付いて汚れやすい
  • 溶剤臭はかなり抑えられる

《特殊な》となっていますが、プロペラタイプより吸引力が強力なシロッコファンが付いていて、ブースのサイズも大きめで、よりミストや臭いを抑えることができるものになります。
値段は高価ですが、性能は申し分なく、塗装量や回数が多くても対応できる塗装ブースですね。
タミヤのスプレーワーク ペインティングブースII(ツインファン)や、ガットワークスのネロブースがそれに当たります。

いさきちのネロブースmini

“いさきち”の部屋は設置スペースがあまり広くないので、ネロブースminiを愛用していますが、シロッコファンと抵抗のない排気構造で強力な吸引力と消臭効果を感じることができます。
miniでこれだけ体感できるので、上位品になるネロブースへの期待は大きくなってしまいますね。
いつかは手に入れたいと思っている“いさきち”であります。

最強と思われるネロブースminiですが、ひとつ難点を言えば、ファンの排気口の向きが気になります。 上向きのネロブースなら幅をとらないのですが、miniは横向きのため、ダクトの接続の関係で左右幅に余裕がないと設置が難しいです。
ちょっとしたことなんですが、自宅での塗装となると、窓も配置場所も限りがありますからね。
そんなことを考えながら、設置に工夫が必要になることもあるのは注意点です。
とはいえ、性能はピカイチですから、本格的にガンプラをやるならぜひとも使ってもらいたい塗装ブースであります。

*作業スペースに合ったサイズ
*換気性能
*騒音レベル
*価格

エアブラシ用コンプレッサー

エアブラシを使うための動力となるコンプレッサーは、安定したエア圧が重要です。

小型で静かなコンプレッサー

  • 静音設計で夜間でも使用可能
  • 安定したエア圧供給
  • 価格は高め

長くガンプラを趣味にするなら断然エアコンプレッサーがおすすめです。
特に静音設計の静かなコンプレッサー。

ガンプラを作る時間は日中だけではないですよね。
仕事や学校から帰って作れる方、子供が寝た夜の時間に作る方。
制作時間は人それぞれですが、夜の塗装には動作音の静かなコンプレッサーがいいですよね。
さらに、エア缶とは違い、連続使用でもエア圧の低下をすることのないコンプレッサーが使いやすいです。

“いさきち”は定番のGSIクレオスのMr.リニアコンプレッサーL5を使っていました。
こちらは10年以上は使っています。
リニアコンプレッサーはコンプレッサーの作動音も気になるほどでもなく、エアブラシ塗装では十分なエア圧で正直なんの不満もなく使っていました。
しかし最近思ったのは、ホコリを飛ばすには圧が弱いかな?ということ。
塗装前に除電ブラシで掃ってからなのですが、塗装中に見つかることが多いのです。
これを掃うにはブラシよりエアを吹いた方が効率がいい。
それにはL5のMAX0.12MPaほどではちょっと弱くて、思うように吹き飛ばせないのです。
単に塗装するだけなら必要十分なんですけどね…

タンク付きコンプレッサー

  • エアタンク付きで安定したエア圧供給
  • 長時間使用に適している
  • 大型で場所を取る

先に紹介した【小型で静かなコンプレッサー】でガンプラのエアブラシ塗装では十分な性能があり、タンクの必要性はあまり感じないと思うのですが、タンク内のエアを使うことのメリットは、エア圧の安定、エア容量増加があります。
タンクの有り無しでの違いはそれだけではなく、タンク内にエアが溜まるとコンプレッサーが停止する機能もあり、コンプレッサー自体の負荷軽減や節電にもなりますね。

いさきちのニトロコンプ V1&エアタンク

“いさきち”もL5のエア圧不足を機に、いま話題のRAYWOODのニトロコンプ V1&エアタンクを購入してみました。現時点では購入直後でレビューできませんが、MAX0.4MPaのエア圧に期待している今日この頃です。

【番外】エア缶

  • 価格は安価で手軽に使える
  • 連続使用には不向き
  • トータルではコスパが悪い

コンプレッサーではありませんが、初めてエアブラシを使うときに、
まずは試しにコレから…
と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?

かく言う“いさきち”もエア缶からのスタートでした。
お手軽ではあるものの、連続使用すると缶が冷えて圧が低下する
単体で考えると安いが、使えば使うほどコストが良くない
そんな理由から、たくさん作ったり、長く続けるならコンプレッサーの購入の方がお得ですね。

コンプレッサーを選ぶポイント

▣ 必要な空気圧 ゴミを吹き飛ばせる圧力
▣ 静音性
▣ タンク容量
▣ 価格

ワンランク上の作品を目指すための追加道具

レギュレーター

エア圧を調整できる機能があります。
エア圧の調整のほかにも、空気中の水分を除去できるエアフィルターが付いているものもあるので、標準で付いていないコンプレッサーを使うならあった方がいいですね。

エアブラシ

エアブラシのイラスト

エアブラシは塗料を霧状にして吹き付ける道具です。
塗料カップの容量やノズルサイズなど、用途に合わせた種類を選ぶのがいいですね。

シングルアクションエアブラシ

  • 構造がシンプルで扱いやすい
  • 塗装量の調整が難しい
  • 細かな塗装には不向き

シングルアクションは、ボタンを押すだけで塗料が出る単純な仕組みで、簡単にエアブラシ塗装が楽しめます。
単色で塗りつぶすような塗装の場合は何の問題もなく使うことができます。

吸い上げ式シングルアクション

“いさきち”はもう廃盤になっている、GSIクレオスのNL3 0.3mmが現役です。
こちらはニードルレスの吸い上げ式ですが、シングルアクションなので、下地塗装のベタ塗りや、薄めのサフを吹く(ノズル0.3㎜なので吹きづらいですが…)場合に使っています。
ボタンのON/OFFのみで塗料が出るので、気楽に吹き付けることができますね。

ダブルアクションエアブラシ

  • 塗装量と空気圧を独立して調整可能
  • 細かい塗装にも対応
  • 価格は高め

ダブルアクションはエアブラシの代表的なタイプではないでしょうか。
ボタンを押してエアを出し、そのまま引いて塗料を出すといった使い方をします。

ダブルアクションエアブラシプロコンBOY WAプラチナ0.2 Ver.2とPROFIXの TH-C01

“いさきち”もこのタイプはGSIクレオスのプロコンBOY WAプラチナ0.2 Ver.2とPROFIXの TH-C01を持っていまして、メインはプロコンの0.2㎜を使います。
ノズルが細いので、サフやメタリック塗料を吹くことはできませんが、迷彩やグラデーション塗装をするにはとても使いやすいですね。
ただ、最近はシンプルにベタ塗りすることも多く、一気に広範囲に吹ける0.3㎜が欲しくなったので、話題になっていたTH-C01を購入してみました。
価格もお手頃で、手元でのエア圧調整も可能なので、どんな感じなのかが今から楽しみであります。

エアブラシを選ぶポイント

塗装するパーツの大きさ(大容量の塗料カップに交換できるものもある)
どれだけ細かい塗装をするか(主に0.2・0.3・0.4・0.5㎜)
予算(TH-C01で千円台前半、プロコンBOY WAで一万円ちょっと)

ガンプラ塗装をレベルアップさせる便利な道具

ガンプラ塗装をレベルアップさせる便利な道具
カイちゃん
カイちゃん

塗装道具ってたくさんあるけど、どんなものを買えばいいのかな?

いさきち
いさきち

うんうん!
やっぱ、道具によって塗装作業のやり方も変わってくるから、道具選びは大切だよ

この項目では塗装の準備時間を短縮したり、作業効率を上げるための道具を紹介します。

塗料皿

塗料皿は、塗料のを混ぜて色を調整したり、エアブラシ用の塗料を補充するために使用しますね。
筆塗りとエアブラシの使いやすい塗料の濃さは違うので、それぞれにベストな濃度にするためにも塗料皿があると便利です。

使い捨てパレット

  • 経済的
  • 洗浄不要
  • 濃度調整には不向き

主に筆塗り用に使うことが多いです。
種類はいろいろありますが、塗料をエアブラシ用に薄めたりするのは難しいですね。

ステンレス製塗料皿・PP製塗料皿

  • 丈夫で長持ち
  • 洗浄が簡単
  • 皿の淵が深く濃度調整できる

金属やプラ製の塗料皿は繰り返し使える分、洗浄が面倒という側面があります。
しかし、洗浄自体は難しいことはなく、簡単にキレイにできます。
なにより、丈夫で淵が深いので、色混ぜがよりやりやすく、濃度調整もお手のものです。
手軽さはないものの、トータルで考えるとこちらの方が使いやすいのではないでしょうか。
それほど高価なものでもありませんしね。

これもあるとさらに良い
調色スティック

塗料を混ぜ合わせたり、色の微調整をしたりするのに役立つ調色スティック。
こちらも金属やプラ製のものがありますが、塗料皿のように洗浄は簡単にできて、瓶生塗料のかき混ぜにも使いますので、ぜひとも揃えておきたいアイテムです。

マスキング

ガンプラの塗装で色の塗り分けをするにはマスキングが必要になります。
マスキングには種類があり、隠したい場所の形に合わせた種類を使うことがキレイに塗り分けるコツでもあります。

紙マスキングテープ

  • 手軽に使える
  • 低価格
  • 幅や種類が豊富

マスキングテープと言えば初めに思いつくのが紙のテープではないでしょうか?
とても多くの場面で使いますし、しっかりと直線が出せるので、ピシッとした塗り分けができます。

いろんなサイズや粘着力のものがありますが、さらに細く切ったり好きな形にしたりと、簡単に加工できるのも 紙マスキングテープの使いやすいところですね。

“いさきち”は定番タミヤのマスキングテープ(6~18㎜)とアイズのマイクロマスキングテープ(0.4~3㎜)を主に使ってます。
少し厚みがあってコシがあるので、しっかりとした塗り分けができるのが好んで使う理由であります。

マスキングゾル

  • 細かい部分にも対応
  • 剥がれにくい
  • 乾燥後に剥がす必要がある

マスキングゾルはテープではありません
液体マスキングで、いろんな形のマスキングができるのです。
乾燥時間が必要になりますが、曲線や奥まった場所へも塗ることができるので、テープでは難しい場所では液体マスキングを使ってみるといいですね。

こちらもさまざまなメーカーの商品がありますが、使い方に大きな違いはありませんので、購入しやすさや使いやすいものを選ぶといいですよ。

曲線用マスキングテープ

  • 曲面に追従しやすい
  • テープの厚みがあり、スジ彫りも可
  • 細いサイズはない
  • 細切りはできない

曲線用マスキングテープは紙マスキングテープでは対応できない場合に使います。
材質もビニール素材なので、多少の曲線にも沿って貼ることができます。

ゾルでも曲線は書けますが、ビシッとしたラインを出すことは難しいので、直線的な塗り分けにはこのタイプが最適ですよ。
タミヤからしか販売されておらず、幅も限定されていますが、曲線のスジ彫りにも使えたりするので、“いさきち”は重宝しています。

追記
“いさきち”が、よくお世話になっている[ヨドバシドットコム]で、タミヤ以外の曲線用マスキングテープを見つけました。
TAKEDAラインテープ
TAKEDAのラインテープというもの。
こちらは0.5㎜ですが、幅とカラーの種類も選べます。
ラインテープではありますが、マスキングテープとしても使えると書いてありました。

⨀ 塗装する前にパーツを洗浄し、油分や汚れを落とす
⨀ マスキングテープはしっかりと貼り付け、マスキングゾルは厚めに塗る
⨀ 複雑な形状の場合は、マスキングシールを使う

マスキングシールには円形や三角形がサイズごと揃っていたり、迷彩模様にカットされているものもあって、使い方によってはとても便利なマスキングアイテムです。

その他便利な道具

いさきち
いさきち

できれば、楽にガンプラを塗装したいよね
片付けもチャチャっとできれば、塗装モチベーションもアップ!

上記以外にもあるとよりエアブラシ塗装が楽になる道具をご紹介します。

エアブラシ洗浄液

  • エアブラシの洗浄に必須
  • 塗料の詰まりを防ぐ
  • 種類によって洗浄力が異なる

GSIクレオスのMr.ツールクリーナー改やガイアノーツのマイルドツールウォッシュがいいのですが、割とお高いですよね。

いさきちの洗浄液入れ
NKK洗浄用シンナーをこの容器に入れている

“いさきち”は【NKK洗浄用シンナー】というものを使っています。
洗浄力はツールクリーナー類に劣ることなく落ちますし、まとめて買ってもかなり安く手に入れることができますよ。
3~4年使っていますが、個人的にはエアブラシや筆に影響は出ていないと感じます。
ですが、メーカー指定外の溶剤ですので、自己責任でのご使用をお願いします。

エアブラシスタンド

  • エアブラシを安全に保管
  • 作業スペースを整理
  • 塗料をカップに入れるのに便利

コンプレッサーに付属していたりすることもありますが、ガンプラを作り続けていくと、エアブラシが2本、3本と増えていくこともあります。
そうなっていくと当然、置き場にも困りますが、複数かけることのできるブラシスタンドがあれば安心ですね。
他にも、カップに塗料を入れるのに絶対的に必要なので、付属していない場合には準備しておくと便利です。

持ち手&乾燥台

  • 各種サイズを用意
  • 自作もできる
  • 乾燥台の選択には注意

塗装するときに重要なのが、塗装したパーツに触れないようにすることです。
乾いていない塗装に触れてしまうと、ホコリが付いたり、指紋が付いてしまったときの悲しみと言ったら…
そんな悲劇が起こらないように、持ち手は必要ですね。
何より塗装しやすくなります。

その持ち手を置く場所が乾燥台です。
持ち手の柄やクリップ部分、乾燥台なら刺し部分の穴の大きさなど、それぞれサイズが違っていることがあります。
細い柄の持ち手を穴の大きな乾燥台に刺してしまうと、持ち手がガタついて不安定になり、最悪落下してしまうことも…
そんなこともありますので、相性の良いものを使うといいですよ。

持ち手と乾燥台

ちなみに、“いさきち”は100均グッズの猫の爪とぎを乾燥台として使い、100均のくしで自作した持ち手を使っています。
近頃はいろんな種類が販売されているので、購入する方が安上がりかもしれませんね。

その他、こんなものもあるとグッと完成度や便利さが上がります。

ワンランク上の作品を目指すための追加道具
スポンジチッピングやぼかし表現に
綿棒筆跡の修正やウェザリングに
メタルプライマー金属パーツの塗装下地に
クリアーコート塗装の保護とツヤ調整に(光沢、半光沢、つや消しなど)

ガンプラ塗装を効率よくすすめる時短のコツ

ガンプラ塗装を効率よくすすめる時短のコツ

ガンプラを作るのに、塗装にかける時間って作業の中で結構長いですよね。
上手く進めて時間短縮できれば、ガンプラをもう1体多く作れるかも…って思いませんか?

そんなあなたに塗装時間を短縮し、効率よく作業を進めるためのコツを紹介します。

  • 塗装するパーツを洗浄し、油分や汚れを落とす
  • ゲート処理や合わせ目をしっかりと行う
  • 塗装計画を立て、必要な色を調合しておく
  • エアブラシの距離や角度を調整し、均一に塗装する
  • 薄く塗り重ねることで、ムラを防ぐ
  • 乾燥時間を十分に取る
ワンランク上の作品を目指すための追加道具
塗料乾燥ブース塗装後に早く乾燥させることができる
  • 作業スペースを整理整頓し、効率的な作業環境を作る
  • 作業時間を決めて集中して取り組む
  • 失敗を恐れずにチャレンジする

【中級者向け】ガンプラエアブラシ塗装で便利な道具と時短塗装のコツまとめ

まとめ

エアブラシ塗装は、練習と経験によって上達していくものです。
今回紹介した道具やコツを参考にチャレンジして、レベルアップを目指してみてはいかがでしょうか?
上級者への道は険しいですが、その分できたときの達成感は格別です。

楽しみながら続けていけば、必ず目標に到達することができますよ!

Let's enjoy Gunpla more!


ブログ村参加しています!
ポチっとお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ガンプラは作ることに醍醐味がありますが、さまざまな理由で作ることができない
という方もいらっしゃいます。

でもガンプラはカッコよくて好き!!
飾って眺めながらお酒を飲みたいよ!!

そんなご要望にお応えしたくてガンプラ制作代行を始めました。
お任せ制作からご希望のオリジナルガンプラまで可能な限りご対応させていただきます。
お気軽にお問合せください。

ガンプラ素組みからオリジナルまで制作代行を承ります ガンプラ作成が苦手でもカッコいいガンプラをお手元に!

“いさきち”が作成した完成品をたまにヤフオク出品しているときがありますよ~
良かったらのぞいてみてくださいね。

Yahoo! JAPAN ID:haniwa552002

アドセンスMultiplex 広告

  • この記事を書いた人
アバター画像

いさきちかい

こんにちは! いさきちかいと申します ・ガンプラをこよなく愛するアラフィフ男 ・好きな機体は量産機のジム、ザク系 ・とりわけ専用機を好んで作っている ・カスタマイズから全塗装・ウェザリング塗装をこなす ・三度の飯よりガンプラ好き ・キットにないパーツは作ればいいと思っている 今までのガンプラ制作でこれはいい!と思ったことをお伝えできればと思っています ガンプラの楽しさと奥深さを知ってもらえたら嬉しいです!

-ガンプラ, 道具使い方
-, , , ,