【初級者向け】ガンプラ塗装必須の道具と塗装方法で1ランク上の作品へ!

【初級者向け】ガンプラ塗装必須の道具と塗装方法で1ランク上の作品へ! ガンプラ
※このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)を掲載しています。
Amazon

ガンプラはちょっと手間をかけるだけでとっても魅力的になるので、塗装にチャレンジしてみたいですよね。

でも、初めてガンプラ塗装をしようと思った時、いろいろ考えちゃいませんか?
初めてなんだから当然ですよね。

しかし、塗装すること自体は慣れなので、そんなに難しいことはありません

この記事では初めてでも迷いなく、スムーズに塗装チャレンジするための情報をガンプラ塗装を始めるあなたにお伝えします。

いろんな方法と情報を知っていれば始めやすいもの。
ぜひ参考にしてみてください。

ガンプラ塗装を始める前に考えてみた

ガンプラ塗装を始める前に考えてみた

それではガンプラ塗装やってみましょう!

と、いきたいところですが、そもそも塗装をするのはなぜなんでしょう?
また、塗装するならどんな場所でするのがいいのでしょう?

そんなちょっとした疑問を始める前に考えてみました。

ガンプラを塗装するメリット

昔のキット(いわゆる旧キット)の真っ白なガンダムとか全ピンクのシャアザクを完璧に作るならば、塗装は絶対必要でしたよね。

今のガンプラは素組みそのままでもほぼ色分けされているし、何が何でも必要という感じではないかと思うのですが、それでも塗装する理由とは…

  • 表現の幅が広がる
  • キットの仕上がりレベルがかなり上がる
  • 自分のイメージ通りのガンプラを作れる

以上のような感じでしょうか?

やはりガンプラを作るなら、自分の思い通りのかたちに仕上げたいと思うのがモデラーというもの。
実際の兵器のようなリアルさを追求してみたり、設定画と同じ色合いや配色にしたい、 自分流の完全オリジナルカラーにしてみたいなど、作る人それぞれの表現を広げることができる。

それが塗装なんですね。

ガンプラを塗装するデメリット

一方で、塗装をすることは良いことだけではありません
そのデメリットとしては、

  • 時間と手間がかかる
  • キット制作が失敗する可能性がある
  • 追加の費用がかかる

このように、
時間をかけず、簡単に、お金をかけずに失敗無く作りたい !
と思って作るなら、わざわざ塗装しなくてもガンプラは楽しめます

そう考えると、塗装をすることはマイナスとも言えます。
その時間があれば、もっとたくさんキットを作ることもできますからね。
塗装したガンプラが一番!
ということはないので、 作り手の目指す完成のかたちで仕上げ方も変わってもいいのではないでしょうか

塗装をするのにふさわしい環境とは?

塗装ブース

ガンプラを作るにはある程度、制作環境を整える必要がありますよね。

ランナーから切り離せばゲートの切り取りカスが出るし、ヤスリがけをすれば細かなヤスリカスが出ます。
ゴミを散らかさないように新聞紙など敷いたりして、汚れないようにする方もいるのではないでしょうか。

塗装をする場合も塗料を使うので、なおさら汚れる可能性があることが、たやすく考えられます。
それでは、塗装をするにはどんな環境がベストなのか?をお伝えしますね。

1.まわりに塗料が付かないように養生(保護)をする


先ほどお話ししたように、塗料は液体なので、かき混ぜているときに跳ねたり塗料瓶を倒してこぼしてしまう事も考えられます。
何も敷かずに作業してこのような事態になったら目も当てられません。
家族からは批難轟轟ひなんごうごうです…

そんなことにならないよう、あらかじめ対策はしておくことがあなたのためになりますよ。

2.換気の良い場所


塗料はさまざまな種類がありますが、どれも溶剤を使います。
水性塗料は水でも使えますが、元の塗料には溶剤が入っているのです。
ということは、多かれ少なかれ臭いがするし、長期的にみれば体に害があるやもしれません。

そう考えれば、換気をしながら作業することも大切ですよね。

3.塗装ブースがあると便利


換気は汚れ防止という点でみると、塗装ブースを用意するのが一番いいですね。

しかし、全塗装やサフ吹きなどのエアブラシを使ったり、スプレー塗装をするのであればあった方がいいと感じますが、 筆塗りや部分塗装ではそこまでの投資が必要?というのが正直なところです。

“いさきち”もエアブラシ塗装を始めた頃は屋外で塗装してました。
(ある意味換気してましたね)
でも冬の屋外塗装は寒さが厳しく、風があれば砂ホコリにまみれることもあって、塗装ブースの導入を決めたという経験があります。

作る回数や状況に応じて、購入を考えてみても良いのではないでしょうか。

ガンプラ塗装に必要な道具と注意点とは?

ガンプラ塗装に必要な道具と注意点とは?

まずは塗装に必要な道具を揃えましょう。

いさきち
いさきち

僕はエアブラシ塗装を始めたいな

カイちゃん
カイちゃん

僕は初めての塗装だから、筆塗りの道具が知りたいな

ここでは、筆塗り、エアブラシ塗装それぞれの基本的な道具と、さらにワンランク上の作品を目指すための追加道具をご紹介します。

筆塗りの基本的な道具

まずは、初めての塗装にピッタリ!の筆塗りをするときに使う道具をご紹介します。

面相・丸・平筆各種
  • 面相筆:細かい部分の塗装に(000、00、0、1、2号や細、極細などのサイズを複数用意)
  • 丸筆:線を引いたり面も塗れる(3、4、6、8号や大、中など複数用意)
  • 平筆:広い部分の塗装やデカール貼りの位置決めなどにも
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
水性・エナメル・ラッカー塗料
塗料
  • 水性アクリル塗料:初心者におすすめ(筆塗りで扱いやすい)
  • エナメル塗料:細部塗装やウェザリング、スミ入れに(エナメル溶剤でふき取り可)
  • ラッカー塗料:乾燥が速く、エアブラシ向け(ラッカー溶剤で希釈)
ラッカー・水性・エナメル溶剤
溶剤
  • 各塗料用溶剤:塗料を薄めたり、筆を洗浄したりする(塗料の種類が違うと使えないので注意)
  • 洗浄液:筆洗いや器具洗浄専用の溶剤(うすめ液として使えないので注意)
調色スティック・塗料皿・マスキングテープ・ブラシクリーナー
その他
  • 調色スティック:塗料をすくったり、混ぜたりする
  • 塗料皿:塗料を混ぜる容器
  • マスキングテープ:塗装しない部分に貼って色がのらないようにする(曲面用、細幅など)
  • 筆立て、筆置き:筆を安定して置くため
  • ブラシクリーナー:筆の洗浄&コンディショナー(筆が長持ちする)
Joshin web 家電とPCの大型専門店
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
綿棒・プライマー・トップコート
ワンランク上の作品を目指すための追加道具
  • スポンジ:チッピングやぼかし表現に
  • 綿棒:筆跡の修正やウェザリングに
  • メタルプライマー:金属パーツの塗装下地に
  • クリアーコート:塗装の保護とツヤ調整に(光沢、半光沢、つや消しなど)

ガンプラ塗装をするときの注意点

塗装を始める前に、以下の点に注意することをおすすめします。

ガンプラ塗装くらいで?と思われるかもしれませんが、積み重ねで健康に影響が出るとも言われています。
また、部屋のホコリは思ってる以上に塗料と共に吹きついてきます。
上記の注意点をちょっと意識するだけで、かなりリスク回避できますよ。

ガンプラ塗装前にやっておきたい準備と基本的な塗装方法【エアブラシ】

ガンプラ塗装前にやっておきたい準備と基本的な塗装方法【エアブラシ】
いさきち
いさきち

それでは、早速塗ってみようか!

カイちゃん
カイちゃん

ちょっと待って!パーツに塗装する前にやっといた方がいいことがあるよ

そうなんです!
キレイに塗装したいなら、加工したパーツにいきなり塗装を吹き付けてはいけませんよ。
ひと手間かけることで、より良い仕上がりにできるのです。
そのひと手間をお伝えしますね。

塗装するパーツへの事前準備

塗装前にやっておきたいことは以下になります。

パーツの洗浄
*中性洗剤で洗浄し、乾燥させる

素手で触ったパーツには手の脂が、ヤスリがけすればヤスリカスが付いています。
パーツ表面の汚れを取るために、まずは洗浄します。

サフ吹き
* サフを吹き、表面を滑らかにする
*乾燥後にヤスリで表面を整える

サフはサーフェーサーの事で、グレーの薄めたパテが多いです。
このグレーがパーツ表面のヒケや傷を浮き出させてくれるため、表面処理の目安になるのです。

マスキング
*塗装しない部分をマスキングテープで隠す
1色だけの塗装ならいりませんが、部分的に色の塗り分けをするときには必要になります。

マスキングテープは幅や素材の違い、テープ以外にも液体のものやガム状のものなど、 使う場所により使いやすい種類を選んで使いますね。

以上が下準備で、やるやらないで仕上がりに大きな差が出るのです。

ガンプラに塗装する基本的な方法

モデラーさんによっては人それぞれやり方があると思いますが、 ここでは簡単に基本的な方法をお伝えします。

塗料瓶のカラーのままであればいいですが、 〇〇50%、△△20%のように、複数の塗料を混ぜ合わせる場合は色調(色を混色する)をして、イメージした色に合わせていきます。
色ができたら、エアブラシで使える濃度に調整します。

塗料の濃さ、エア圧、吐出量を調整し、吹き付け距離や速さに注意しながら塗装します。
塗装のコツ
* 薄く、複数回塗り重ねる
* 距離と角度を一定に保つ

* 乾燥時間を十分に取ることも重要です。
乾燥前に触ってしまうと指紋がついたり、塗料が取れてしまうので手直しが大変ですよ。

塗装後にやるともっと良くなる仕上げ方

ここでご紹介することを追加すると、仕上がりがグッとアップしますよ。

デカールを貼る
* デカールを貼り、情報量を増やす
*マークソフターなどのデカールのりを使って、パーツに馴染ませる

クリアーコートを吹き付ける
*クリアーを吹き、表面を保護する(デカールの保護もできる)
*キットのツヤ調整が可能
*水性とラッカーがあるので注意

“いさきち”のおすすめは
クレオスのスーパースムースクリアーとガイアノーツのトップコート プレミアム
ガンプラは半ツヤでしっとり仕上げます。
このしっとり仕上げが、塗装が多少失敗してもないものにしてくれてすごくおすすめ!

完成
*すべての工程が完了したら、完成!

このように、工程をプラスすることで完成度が上がりますよ!

塗装のよくある失敗と対策

塗装にチャレンジしてみると、いろいろ失敗することもあります。
初めての塗装ならなおのこと。

そんな失敗への対応策をお伝えしますね。
これを知っていれば失敗しない!

よくある失敗と対策
塗った塗料が
剥がれる
下地にサフやプライマーを塗って、食いつきをよくする
塗料を
弾いてしまう
塗料が薄すぎるので、うすめ液の量を減らして調整する
筆塗り塗装が
ムラになる
薄く重ねて数回に分けて塗る、筆を強く押し付けない
塗装の乾燥が遅い乾燥の早い塗料を使う(ラッカー>水性アクリル>エナメルだが、塗料の種類や溶剤で調整可能)

【初級者向け】ガンプラ塗装必須の道具と塗装方法で1ランク上の作品へ!まとめ

【初級者向け】ガンプラ塗装必須の道具と塗装方法で1ランク上の作品へ!まとめ

塗装を始めるにはいろんな準備や知識が必要になりますが、やってみるとけっこう簡単にできます。
なによりガンプラがもっとカッコよくなっちゃいますよ

まとめ
  • ガンプラ塗装のメリットは自分のイメージで作れること
  • ガンプラ塗装のデメリットは手間がかかること
  • 塗装前のひと手間で完成度が大きく変わる
  • よくある失敗も、対策方法を知っていれば安心!

ガンプラ塗装は時間と手間がかかりますが、それに見合った達成感と完成度を得られます。
本記事を参考に、ぜひ塗装に挑戦して、あなただけのオリジナルガンプラを作ってみてください。

Let’s enjoy Gunpla more!

ブログ村参加しています!
ポチっとお願いいたします。

PVアクセスランキング にほんブログ村

ガンプラは作ることに醍醐味がありますが、さまざまな理由で作ることができない
という方もいらっしゃいます。

でもガンプラはカッコよくて好き!!
飾って眺めながらお酒を飲みたいよ!!

そんなご要望にお応えしたくてガンプラ制作代行を始めました。
お任せ制作からご希望のオリジナルガンプラまで可能な限りご対応させていただきます。
お気軽にお問合せください。

ガンプラ素組みからオリジナルまで制作代行を承ります ガンプラ作成が苦手でもカッコいいガンプラをお手元に!

“いさきち”が作成した完成品をたまにヤフオク出品しているときがありますよ~
良かったらのぞいてみてくださいね。

Yahoo! JAPAN ID:haniwa552002